本文へ移動

業務実績 測量業務

完了年度
発注機関
業務名
業務概要
H28
鳥取県中部総合事務所県土整備局
中部海岸深浅測量業務委託
 
本業務は、中部海岸における海底漂砂の経年変化を把握するため深浅測量等(測量回数は夏季と冬季の2回)を行い、今後の海岸保全に利用するための基礎資料を得る事を目的とする。本成果は毎年行われている汀線測量と深浅測量のデータを基に、海岸の侵食と堆積の傾向を把握し、海岸保全計画の参考となる資料を作成し報告書にとりまとめたものである。
H29
鳥取県東伯郡三朝町
名勝及び史跡三徳山基準点測量業務
本業務は、名勝及び史跡三徳山の適切な保存、管理及び活用を目的とした用地購入の資料とするため、基準点測量を行ったものである。現地作業前に地元説明会を実施し、現地測量作業立入及び測量杭の設置について関係者の承認を得た上で測量作業を開始した。2級基準点測量については、電子基準点のみを既知点とした基準点測量マニュアルに基づき、GNSS測量機を用いて作業を実施した。設置した2級基準点及び過年度成果の基準点を与点として4級基準点測量を実施した。4級基準点については、後続作業の境界測量を考慮した上で選点を行い、観測を実施した。
H29
鳥取県中部総合事務所県土整備局
赤碕港深浅測量業務委託
本業務は、鳥取県管理の赤碕港の海岸保全における基礎資料を得るため、海岸岸および海底地形の汀線測量・深浅測量を行ったものである。主な作業として、深浅測量L=39.5km(15測線)、汀線測量L=5.0km(15測線)で行った。なお、作業範囲は、毎年行っているNO.-10~NO.57のうちNO.30~NO.57(八橋海岸)について行った。
また、泊漁港において浚渫したサンドポケットの状況把握のため、深浅測量L=0.51km(3測線)と浚渫土砂の底質調査を行った。各海岸について測量結果を取りまとめ等深線図、航跡図、差高図等の作成を行い過年度との比較資料の作成を行った。
H29
鳥取県中部総合事務所県土整備局
県道船上山赤碕線「道路台帳修正業務委託」
本業務は、琴浦町地内における県道船上山赤碕線ほか3路線について、新たに県道網再編を行う区間の道路台帳修正を行ったものである。船上山赤碕線は、町道移管と新たに県道昇格される区間の台帳修正L=2.41km、淀江琴浦線は下市赤碕停車場線を廃道して新たに再編を行う区間の台帳修正L=3.2km(中部管内のみ)、赤碕大山線は修正した船上山赤碕線との重用区間の台帳修正L=0.59kmを行った。主な作業として、対象区間の製図工、データシート作成に加え船上山赤碕線については町道昇格路線であり既存道路台帳がないことから、現地において現地測量0.11km2と基準点測量27点を行い平面原図を作成した。
H29
鳥取県東伯郡湯梨浜町
町道下政長南線道路改良工事「用地測量業務委託」
本業務は、湯梨浜町はわい長瀬地内において、町道下政長南線道路改良工事(国道179号を起点とし県道長江羽合線に接続する区間)の用地取得に必要な用地測量ったものである。主な作業として地籍調査済みの地図に基づき復元測量2.08万m2、境界確認2.08万m2、土地調書添付図作成23筆、用地境界杭設置24本を行い用地実測図、用地平面図を作成した。業務の履行にあたり、現地状況や制約条件を十分に把握した上で、担当調査職員との打合せ、特記仕様書及び共通仕様書に従い作業を実施した。
 
H30
鳥取県中部総合事務所県土整備局
赤碕港深浅汀線測量及び定期点検業務委託
本業務は、鳥取県管理の赤碕港、赤碕港海岸保全区域の海岸保全に必要な基礎資料を得るための深浅測量・汀線測量、また、赤碕港港湾施設の維持管理のため、赤碕港維持管理計画書に基づき、一般定期点検を行ったものである。主な作業として深浅測量L=25.2km(9月と2月にそれぞれ15測線)、汀線測量L=4.1km(9月と2月にそれぞれ15測線)を行い、測量結果を取りまとめて等深線図、航跡図、差高図等を作成した。また、一般定期点検において、防波堤の目視調査(陸上)9,965m2、目視調査(海上)2885m2を行い、結果を点検診断記録表にとりまとめ、維持管理計画策定概要表を作成した。また、八橋海岸において、初回点検が未実施の潜堤2基の潜水目視点検を行い、調査結果から健全度評価をして長寿命化計画の基礎資料を作成した。また、赤碕港管理道の維持管理計画において、一般定期点検のための概略点検として臨港橋、港新橋、西港橋の3橋梁について橋梁簡易点検を行い、点検結果を点検診断記録表にとりまとめた。また、石脇地区の海岸保全施設の長寿命化計画が実施されたことに伴って、未整備のままであった施設台帳図の図面作成を行った。
TOPへ戻る