本文へ移動

ベテラン社員の紹介 調査設計部

土木科卒 H4入社    
調査設計部 課長 高松 宏 
   

■ Q1 どんな仕事をしていますか?

 

土砂災害(土石流・がけ崩れ・地すべり)の調査と土砂災害を防止する対策工の設計(土石流対策ダム・急傾斜崩壊防止の法面対策、擁壁計画)を行っています。

業務以外には中間管理職でもあるので、部下の教育・指導もしています。

 

 

■ Q2 どんな時やりがいを感じますか?

 

自身が行った設計の工事が完了したとき、完了したことで地元の方々が喜んでいるのを見たとき、

地元の方々に感謝されたとき、指導した部下が育ってきた時、試験に合格したときにやりがいを感じます。

 

 

■ Q3 休日はどう過ごしていますか?

 

朝8時ぐらいと夕方4時ぐらいに犬(名前:ヒメ、甲斐犬、4才の女子)の散歩を1時間程度するのが習慣です。
日中は、読書やプラモ作り(お気に入りは食玩のバイク)をしています。

休日の夕飯は、私が作ります。(既婚者です)

 

 

■ Q4 当社に興味がある方へ一言お願いします。

社会もいろいろ変化して、少子高齢化が進んでいますがこれからまだまだいろんな変化が見られると思います。働くということで起こる様々な自身の変化や既成概念にとらわれない自由な発想を楽しみましょう。

地球資源環境学科 H23入社    
調査設計部 主任 片山 裕貴 
   

■ Q1 どんな仕事をしていますか?

 

地表地質踏査、ボーリング現場管理(関連資料作成)、解析、報告書作成を行っています。

(簡単にいうと、地面を掘って、歩いて、叩いて調べる。結果データを基準書など見ながらあーでもない、こーでもないと考える。もし強度などダメならば設計サイド(発注者も)にこうしてください、とアドバイスする。という仕事)

 

 

■ Q2 どんな時やりがいを感じますか?

 

想定した地層線がなかなかピッタリだったとき、業務で係わった道路の、完成後しばらく経ってからの段差が小さかったときなどにやりがいを感じます。(ジグソーパズルやプラモデルに近いかな?)

 

 

■ Q3 休日はどう過ごしていますか?

 

休みくらい興味の向くまま徹底的に無駄なこと、くだらないことをできればしたい、と考え、行動したりします。最近はNAエンジンの転がし方を研究中。効率よく転がると石拾いにも行きたくなります。よい吸気、よい燃焼、よい排気。前提としてよい潤滑(仕事も一緒かもしれないと最近気づき始めた…)。なお趣味の方向は不定期で変わる模様です。

 

 

■ Q4 当社に興味がある方へ一言お願いします。

“地質学”なんて大層なことは知ってなくてもいいです。誰でも最初は素人ですので。大切なのはやってみようという気持ちではないでしょうか。続けていくうちに身になるのでは。ちなみに知ってるとなお有利です。(地質業務寄りで申し訳ございません。多分他もそうだと思います)

TOPへ戻る